FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美智子皇后のお言葉の後、急ピッチで進んだ整備

先日(平成31年3月8日)、東京に行ったので、地下鉄の転落防止ドア設置の状況を確認してきた。
私が乗ったのは東京メトロで、乗車コースは次のとおり。
 東京(丸の内線)=銀座=霞が関=国会議事堂=赤坂見附
 赤坂見附(銀座線乗り換え)=青山一丁目=外苑前=表参道=渋谷駅

車内から見たのを含めて、全駅に立派なホームからの転落防止ドアが設置されていた。
渋谷駅で降りたが、この駅ではドアは設置されているものの、動いていなかった。
駅員に聞いてみた、《このドア、動かないんですか?》。
回答は《現在、設置を終わり、調整中です。3月末には稼働する予定です》
その後、同じ東京メトロで 
 渋谷駅(半蔵門線)=表参道=青山一丁目=永田町
 永田町(有楽町線乗り換え)=桜田門=有楽町=銀座一丁目=新富町=月島駅

この区間もすべて、ドアが設置されていた。


東京駅2019
東京駅(前回私が平成28年の秋に行った時、この駅には転落防止ドアがあった。)



赤坂見附2019
赤坂見附駅(今回、新しく設置されている。)



渋谷2019
渋谷駅(設置は完了だが調整中とのこと。稼働は3月下旬予定とのこと。)



月島2019
月島駅(稼働している)




美智子皇后が「視覚障害者の駅での転落事故が引き続き多い……これ以上悲しい事例の増えぬよう、皆して努力していくことも大切」といったのは、平成28年のことであった。(※外部リンク:皇后もホーム転落事故を憂慮

その時点で、皇后があえて発言されるくらいだから、鉄道各社は防止に積極的になるだろうという期待を持った。
あるいはオリンピックと影響があるのかどうか不明だが、現在、私が乗った上記区間ではすべて、ドアが設定されていた。
東京メトロのように乗客が多く、また、運転間隔が極端に短い路線では、転落防止措置は必要不可欠であり、それが現実化したというのは、本当にうれしいことだ。
写真は、平成28年8月15日に転落死亡事故があった青山一丁目駅の転落直後(9月)と現在の状況だ。
このような立派な費用のかかるものではなく、もっと簡単なものでもよい。
例えばJR西宮駅では転落防止装置はロープによるものだが、視力障碍者の生命の安全に直結するものなので、乗客の多い駅では是非、普及を早める必要があろう。
でないと、転落事故が起きた場合、また、誰か元気のいい弁護士が訴訟をすることになるかも。



青山一丁目 事故当時
事故直後(平成28年9月)の青山一丁目駅ホームの状況。
ホーム端に柱があるため歩行が困難。
キャリーケースを盲導犬と考えれば、人がホーム端を歩くと危険な状況であった。




青山一丁目2019
現在の青山一丁目駅のホーム状況(転落防止ドアが稼働していた。)
スポンサーサイト

あれ、開閉式ドアがあるではないか!

昔、東京に短期間であるがいたことがある。
そのとき、地下鉄が多く、かなりややこしかった記憶がある。

そのため、今回は新幹線の中で、
スマホで東京メトロの東京駅の改札がどこにあるのかを検索した。
私と同じようにうろうろ迷う人がいるのであろう、
八重洲側に出てはいけない、丸の内側にでればすぐにわかるということが記載されていた。

東京メトロの東京駅の改札にたどり着くまで、
新幹線を降りて約7~8分程度はかかったであろうか。
東京メトロには複数の路線があり、
今回の事故が発生した青山一丁目駅は銀座線(渋谷駅から浅草駅、計19駅)にある。

改札を入り、
更に地下の丸の内線のホームに降りたときに
驚いた。
開閉式ドアがある!
丸ノ内線東京駅

開閉式ドアがあるとは
全く予想をしていなかった。


電車に乗ったのは午前11時30分頃だったが、
座席は満席であり、かなりの客が立っていた。
東京駅から丸の内線に乗って、
乗り換えの赤坂見附駅までの銀座駅、霞が関駅、国会議事堂前駅には
全て開閉式ドアが設置されていた。
赤坂見附駅は同じホームの反対側が銀座線浅草行のホームという構造になっていた。
赤坂見附駅乗り換え

写真を見ていただければわかるように、
同じホームの丸の内線側は
開閉式ドアが設置されているのに、
銀座線側はそのような設備はない。
私達、晴眼者にとっては、
開閉式ドアがあるかどうかは一目瞭然であるが、
視覚障害者には
そう簡単にはわからないのではないか。
丸の内線から乗ってきた視覚障害者がいた場合、
銀座線側にも開閉式ドアがあると思い込み、
ホーム端まで行く危険性があるのではなかろうか?
「丸の内線側には開閉式ドアがありますが、
反対側の銀座線にはそのようなドアはありませんのでご注意ください」
というようなアナウンスをする必要はないのだろうか。

視覚障害者用設備があるということと、
それが視覚障害者にわかることとは全く別である。

かつて、大阪の地下鉄淀屋橋駅に
点字で駅ホームの施設を説明したプレートが貼ってあったのを見かけたことがあった。
不思議な感じがした。
点字プレートがあることをアナウンスするでもなく、
何らかの信号音で知らせるわけでもない。
そうすると、この点字の案内板があるということを、
視覚障害者はどのようにして認識するのだろうか?

開閉式ドアの設置についてダメだということを言っているのではない。
ただ、ドアがある所とない所がある場合、
それに伴う危険というのが発生するということは検討されたのだろうか?

私は晴眼者であるので、
この指摘は間違っているかもしれない。
ただ、視覚障害者のための施設を作るのなら、
その障害者の意見を十分に聞いて作る必要があるということだけは間違いがないだろう。

(大澤龍司)

柱に《大きく侵食》されている点字ブロック


銀座線青山一丁目②

まず、なによりも上の写真をご覧いただきたい。

写っているのは駅のプラットホームであり、
写真の左側がレール側である。

当然、ここを電車が発着している。

中央に写っている黄色い帯状部分は
視覚障害者の誘導のための点字ブロックである。

ホーム幅は約3メートルであり、
見るからに狭いという感じがする。

壁際にはベンチも置かれているため
更に通行できる部分が少なくなっている。


中央の柱部分を近接して撮影したのが
下の写真である。

銀座線青山一丁目①

柱があるために点字ブロックは半分近く侵食されおり、
その部分が黒く変色している。


さて、この駅はどこの駅だろうか?
と質問すれば勘のいい方はわかるであろう。

平成28年8月15日に
盲導犬を連れた視覚障害者が転落して死亡した
東京メトロの銀座線の
《青山一丁目》の駅ホームの写真である。

事故から約1ケ月経過した9月15日に
私(弁護士大澤)は事故現場のホームを確認してきた。

その時の写真や感想を次回以降に連載する。

(大澤龍司)

プロフィール



「大原訴訟」とは・・・
ホームから転落した視覚障害者が安全設備や人員の配置を怠った国鉄(現JR)を相手に提訴した損害賠償請求訴訟です。

弁護士大澤はその訴訟の中心として活動してきました。

上記ホームページはその闘いの記録だけでなく、障害者やその家族、支援者の方々にこれからもがんばっていただくようにエールを送り続けています。

是非、上記のリンクも併せご覧ください。

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号
TEL:06-6361-6017
FAX:06-6361-6043

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。